貿易黒字はFDI企業による6.83億ドルに達しました。

先月に比べの不足にもかかわらず、4月中の輸出も122億ドルに達し、急速に去年同期に比べ16.9%の増加となった2014年5月4日の輸出金額をもたらしました。
先月に比べの不足にもかかわらず、4月中の輸出も122億ドルに達し、急速に去年同期に比べ16.9%の増加となった2014年5月4日の輸出金額をもたらしました。

最初の4ヶ月分の輸入の具体的な状況について、産業貿易省の企画の部長であるグエン·ティエン·ビさんは、FDIからの強いプッシュによって最初の4ヶ月で全国の貿易黒字は輸出金額の1.5%に相当し、約6.83億ドルに達すると予想されていると言いました。


5日5月に産業貿易省が開催された4月中の部門のオンライン会議で、グエン·ティエン·ビさんは輸出金額が3月に比べて0.6%減、122億ドルに達すると予想されていると言いました。その中で、FDIの輸出は去年より0.1%低く、75億ドルに達すると予想されています。

しかし、4カ月の輸出金額累積は、去年同期に比べ16.9%増加し、457.4億ドルに達すると予想されています。その中で、国内企業の輸出は去年同期に比べ16.2%増加し、153.8億ドルです。100%外資企業の輸出金額にとって、(原油を除く)2013年の同時期に比べ20.1%増加し、282.4億ドルに達すると報告されています。

グエン·ティエン·ビさんによると、商品輸出は2014年の成果の最初の4ヶ月で大きな成果を達成しました。いつもより長い旧正月の休日にもかかわらず、毎月の輸出は1200万ドルに達しました。同時に、総合輸出金額は10%であった国民議会が設定した輸出開発目標よりも16%以上に達しました。
また、商品の比重も正側に多くの変化があります。石油、および天然資源の比重は削減しました。これは農業·林業·漁業、および加工の工業製品の比重に比べると反対を発生しました。

具体的は4ヶ月で、農業·林業·漁業の輸出が去年同期に比べ14%増、70億ドルをもたらしました(去年に比べ8650億ドル成長に相当)。また、商品·加工産業は、去年同期に比べ14.9%増加し、330億ドルに達しました(去年に比べ54億ドル成長に相当)。一方、自然な燃料、および鉱物部門は4ヶ月で2013年の同時期に比べ10.5%減、29億ドルに達しました。
殊に、これまでに、10億ドル以上の輸出金額を持っている10の製品ラインがあります。
セクタ 億ドル 去年同期に比べる
電話および付属品 77億ドル  29.2%増加
履物 28億ドル 21.9%増加
水産 22億ドル 32%増加
機械、機器ツール 21億ドル 15%増加
運輸機関および部品 21億ドル 17.4%増加
木材および木材製品 19億ドル 22.4%増加
コーヒー 16億ドル 29.5%増加
原油 21億ドル 10.9%減



ほとんどの主要な市場は高密度の開発比重に達しています。企画部のデータによると、アジア、西アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの市場の成長の割合はそれぞれ13.6%、12.3%、12.1%、27.8%および14.1%です。
 
これとは対照的に、グエン·ティエン·ビさんによると、4月の輸入は2013年3月と2013年4月に比べ1%や16.1%増加し、126億ドルに達しました。合計4ヶ月中で、全国の輸入価値は、2013年の同期間に比べ13.7%増加し、約451億ドルです。その中で、海外投資企業の輸入は約263億ドルであり、18.2%に達しましたが、内国投資企業の輸入は2013年の同期間に比べ8%増加し、約188.6%億ドルです。.
4月中で輸入するべきであるセクタは去年の同期間に比べ13.2%増加し、約399億ドルです。焦点の製品ラインは機械材料や設備を含まれています。また、輸入を制御されるべきであるセクタは同期間に比べ15.5%以上の増加し、18億ドルに達しました。輸入を制限ばきであるセクタは同期間に比べ5.1%以上の増加し、約20億ドルです。

アジア市場は、79.8%とベトナムの輸入の市場の過半数の比重を占めており、359.5億ドルに達しました。その中で、東南アジアから輸入は16.2%を占めており、西アジア諸国から59.2%を占めました。特に、中国は130億に達し、全国の総輸入金額で27.5%を占めました。一方、欧州市場からの輸入は31億ドル以上を達成し、13.3%の減少となりました。


ですから、4月で全国の貿易赤字は輸出金額の3.3%に相当し、約400億ドルです。しかし、4月で計算することによると、ベトナムの貿易黒字は輸出金額の1.5%に相当し、約6.83億ドルに達しました。国内企業の貿易黒字は約34億ドルですが、100パーセント外資を持っている企業の貿易黒字は41億ドルに達しつつあります。
                                                                                                         
 
2014の最初の4カ月以内に商工省の評価によると、輸出はベトナム経済の概要の明るいスポットです。しかし、観察した後で、ベトナム商品輸出の断片化はまだバランスされていません。
 
輸出入の部の副社長であるファンティエットティデューハさんによると、4月中に工業製品部門は、今年の最初の3ヶ月で23%の成長率に比べ19パーセントの平均成長率があるまま、減少する傾向にあります。

原因は主力製品ラインの中にテキスタイルが電子税関手続きと困難に直面し、ポートでの製品停滞を引き起こし、輸出の速度減少させました。
 
 
また、米など農業分野は、厳しい競争に直面し、価格、数量の減少を引き起こしました。
過去4ヶ月で、輸出は約7.65億ドルに相当し、1,751万トンとなりました、それぞれ数量と価格の面で18%や17%減少し、平均輸出価格は、17.1ドルに減少されました
 
この現実に直面して、会議で、2014年に1320億ドルの輸出目標を達成すると困難を減らすために、商工省の副大臣であるル·ドゥオンクアンさんは省の部門の下に事業所や部門が企業と接触を保つと要請しています。特に資金、投与手順や市場に関する問題を強化します。同省は、適当なビジネス向きがあるために、売ら反ダンピングポリシーに従って、輸出市場に関する正確な情報を提供することに焦点を当てる必要があります。
 

2014/05/26 16:56:14、Nguyễn Oanhによって

ジャンルの他ニュース