大型台風!風速250km/hが日本列島へ接近中

今日、「ノグリー」という名前のある大型台風は勢力を強めて沖縄の南海上を西北西に進みました。この台風のせいで、何千人々は避難する必要なことあります。多くの大規模な木が根こそぎにされ、飛行便の数百人がキャンセルされました。.
気象庁の予報によると、最大風速は252㎞/hに達すると予想されます。今日には、台風は大雨と突風を運んで沖縄本島に達する見通されます。波も非常に高くになると予想されます。
飛行便がキャンセルされたし、学校が閉鎖を余儀なくされました。地元のテレビによって送信された画像は強風せいで多くの木が根こそぎたことを示しています。
地元当局は沖縄の周り約48万人々が家にいるまたは公共の避難所に移動すると呼びました。
「今まで、けがした4人と失跡された1漁師がいました。その内に、83歳の女性がいます」。政府の官吏は言いました。
「局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあります。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、高波に警戒してください。また、必須ではない場合は野外活動を避けてください」。日本の気象庁の発言者として聡海老原氏は昨夜の記者会見で言いました。
    5万家以上が停電になりました。また、油の精錬所が連休しなければなりません。「すべての人は安全な避難所に避難しなければなりません」。沖縄に住んでいるキャスリン·スポルさんは言いました。

「今、風が非常に強くになって、大雨です」。スポルさんは言いました。「大雨は継続していて、私の地域では、突風が約143㎞/hになりました。この状況は本当に危険です」。
沖縄は、多くの島々を含める日本の南端の県であり、ここでの大規模な拠点における約26,000米軍の駐屯地です。

2014/07/11 17:25:39、Nguyễn Oanhによって

ジャンルの他ニュース