ベトナムにおける人材紹介・研修ビジネスで豊かな労働市場の形成を目指す

ベトナムにおける人材紹介・研修ビジネスで豊かな労働市場の形成を目指す
KOSAIDO HR VIETNAM Co.,Ltd.代表取締役社長
根岸千尋氏
ベトナムで人材紹介・EQ適性検査・人材教育・研修ビジネスを展開
ベトナムでの事業内容を教えてください。

まずグループについて説明をさせていただくと、親会社である廣済堂は印刷、ITシステムの受託のほかに、人材ビジネスを行っています。東北、北陸では比較的有名な「ワーキン」という求人フリーペーパーを発行したり、都市部では人材紹介や人材に関するソリューション事業を行うなどしています。子会社は廣済堂出版、ゴルフ場などを経営する廣済堂開発など、様々な事業を運営しています。日本国内で60数年前に印刷会社として始まった当グループですが、現在では様々な事業の集合体となっています。それら子会社のうちの一つ廣済堂ビジネスサポートでは、人材派遣とアウトソーシング事業も行っています。

私ども廣済堂HRベトナムでは、現在3つの事業を行っています。1つ目は、ベトナムの日系企業に対する人材紹介です。2つ目は、企業向け人材適性検査の提供。SEIというEQ(心の知能指数)を可視化する適性診断です。

3つ目はそのEQをベースとした人材教育の提供です。EQをベースとした教育というのは、例えばマネジメント研修の場合、マネジメントスキルのみを磨く研修に一日を割くのが一般的です。けれども弊社が提供する研修では半日をマネジメントスキル研修に、あとの半日をEQにフォーカスした、マネジャーのとるべきコミュニケーション手段などに費やしています。

2013年1月に投資ライセンスを取得してからの主な業務は以上の3つですが、ほかにベトナム進出をされている企業をサポートするためにベトナム企業の視察のアテンドなども行っています。今後は人材ビジネスだけではなく、BtoB、BtoCを問わず様々な事業を展開したいと考えています。

日系企業の急増で、人材供給が追いつかない
進出を決定されてから、これまでに苦労されたことを教えてください。

現在、ベトナム人スタッフ6名と日本人2名の合計8名で運営しています。もっと人材を採用したいと考えているのですが、この採用に苦労しています。特に我々が行っている人材紹介はたくさんの人に会わなくてはならないですし、ストレスフルな場面も多いのです。営業として積極的で、指示がなくとも現場を回せる人材が欲しいところですが、ベトナム人はおとなしい人が多いので、なかなかそういう人材に巡り合えないというのが難しいところです。

お客様に紹介する人材にしても、日系企業がものすごい勢いで進出して来られているので、ご要望にお応えできる人材を見つけてくるのはなかなか大変なことです。


2013/11/05 16:28:22、によって

他のインタビュー