標準化されたプロセスで理想的なオフショア開発を実現。更なる発展を見込めるベトナムでのラボ型開発

標準化されたプロセスで理想的なオフショア開発を実現。更なる発展を見込めるベトナムでのラボ型開発
株式会社EVERRISE 代表取締役 倉田宏昌氏
受託とラボ型、2つの形でのシステム開発を行う。
御社の具体的な業務内容を教えてください。

我々はソフトウェアを開発する会社で、受託開発とラボ型開発の2つを展開しています。受託開発は、東京の本社が日本のお客様向けに提供するシステムをベトナムのチームメンバーを使って開発をする、というのが主な業務です。これは例えるならビルのようなもので、物が出来上がってはじめて契約が成り立つもの。

一方で、人が動くことへの契約、これがラボ型開発です。このビジネスでは、当社のベトナム人スタッフを東京のお客様からコントロールしてもらい、そのことに対して報酬をいただきます。

また、ベトナムでは珍しく、全チームにJAVAのレクチャーをすることを特徴としています。いずれもシステム開発を丸投げするのではなく、開発チームを育てて長期的な開発費用を削減することを目的としています。

まず仕事の仕方から教えなければならなかったという苦労。
会社設立前後で苦労したことを教えていただけますか。

ベトナムのメンバーはきちんとプログラミングを勉強してきているので、その基礎はできているのですが、いわゆる「仕事の仕方」がわかっていない、という点で苦労しました。礼儀作法などビジネスマナーについての教育は簡単です。難しいのは「ビジネスで使われるソフトウェアのあり方」について、を理解してもらうことでした。

我々の仕事はシステム開発、つまりソフトウェアを作ること。どういうふうに作るべきなのか、なぜそういう技術を使うのかを理解する必要があります。学校でやっていたプログラミングとは違い、ビジネスシーンで実践的に使われることを前提にしなくてはいけないわけです。これをレクチャーするのが、一番苦労する、コストがかかったところでした。

すでにキャリアを持っているベトナム人もいますが、彼らもはじめから指導者の立場に就ける資質や実績を持っているわけではありません。即戦力として力を発揮できてはいても、それは叩き込まれたルールに従っているだけなのです。仕事の仕方を系統立ててメンバーにきちんと指導できるわけではない。だからベトナムでも日本と同様、ビジネスシーンで使うものだということを徹底的に教育する必要があります。

具体的には東京から派遣した教育担当者が全カリキュラムを作成し、実際に開発をさせながらチェックをし、レクチャーしています。さらに、東京からもエンジニアが2人参加し、プロジェクトの中で日々上がってくる問題を共有し、解決を図っていく。そういう標準化したプロセスで運営しています。


2013/11/04 16:08:59、によって

他のインタビュー