ベトナムの会計税務

  • ベトナムの会計及び監査制度について情報

    ベトナムの会計及び監査制度について情報

    会計監査 外国企業すなわちベトナムに進出した日系法人は、企業規模にかかわらず、認可を受けた監査法人による会計監査を受けなければなりません。監査を受けた財務諸表は監査報告書とともに、法人所得税の確定申告書に添付して提出します。外国通貨で記帳する場合は、外国通貨で作成された財務諸表が会計監査の対象となりますが、法人所得税の確定申告書に添付する財務諸表は、ベトナムドンに換算 する必要があり、換算の正確性について監査法人の証明を受ける必要があります。 会計期間 原則として12月決算となりますが、3月、6月、9月を決算月とすることも可能です。12月以外の月を決算月とする場合は、その旨を財務省に通知します。設立初年度の場合は、15ヶ月を限度として、1年以上の会計期間を選択することもできます。会計年度を変更することもできますが、変更年度の会計期間は、12ヶ月を超えることはできません。 記帳言語 会計帳簿はベトナム語で記帳します。外国語で記帳する場合でも、ベトナム語を...

    2014/07/18 15:29:31、Nguyễn Oanhによって